03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ぐるり九州 駅巡りの旅 vol.12 

3日目-3(3/19) 【大隅横川駅、鹿児島中央散策】
大畑10:25→吉松11:21
664_20130414105220.jpg
旅3日目も後半。大畑駅から「いさぶろう・しんぺい」で吉松駅にやってきました。ここで右の特急「はやとの風」に乗り換え、次の目的地を目指します。

665_20130414105219.jpg
車内で少し早目の昼食に。先程「いさぶろう・いんぺい」で購入しておいた「鶏のてりやき弁当」を食べましたが、これが滅茶苦茶美味しかった!

667_20130414105219.jpg
そして下車したのは大隅横川駅。

670_20130414105219.jpg
嘉例川とならび、鹿児島県下で最古の駅舎が残る大隅横川駅。造作は前日に訪れた白石駅とほぼ同様ですが、思わず見惚れる名駅舎です。

419_20130414170959.jpg
比較用に嘉例川駅を。形はほぼ同じですが、大隅横川の方が一回り大きいようです。

673_20130414105219.jpg
駅舎内部の様子。

674_20130414105218.jpg
こちらは元事務室だった部分。基本的には地元の交流スペースとして使われているのでしょう、この時は「ひなまつり」一色でした。

685_20130414110343.jpg
同い年ということで何かと比較される嘉例川と大隅横川ですが、両者の大きな違いはやはり駅前風景でしょう。
大隅横川は横川町の中心駅ということで、駅前に住宅が多く、利用者も100人弱/1日ほど。山間にひっそりたたずむ嘉例川と町の中心にどっしり腰を据える大隅横川駅は、まさに好対照です。

687_20130414110343.jpg
続いてホームに目を転じてみます。

682_20130414110343.jpg
機銃掃射の貫通痕が今も残る柱。

688_20130414110342.jpg
構内。元は2面3線だったと思しき線路配置ですが、今は2面2線。

683_20130414110342.jpg
町の様子は変わっても、走る車両は変わっても、きっとこの駅の雰囲気は100年前と何も変わっていないはず。
町の中心部にあるため人の出入りは頻繁でしたが、かえってその光景が、この駅舎が今も立派に役割を果たしているということを実感させてくれました。秘境駅もいいですが、駅はやはり使われてこそ駅なのです。

大隅横川12:18→隼人12:52
691_20130414111151.jpg
そんな大隅横川を後にし、一路鹿児島中央へ。

隼人13:12→鹿児島中央13:48
694_20130414170913.jpg
混雑する2両編成の電車に揺られること36分、錦江湾を望む絶景の車窓を楽しむ余裕もなく、鹿児島中央に到着。次に乗る列車まではしばらく時間があるため、しばらく市内を散策することにしました。

700_20130414170913.jpg
大体有名どころは前回の旅行で訪れているので、今回は宛てもなく街中をブラブラ。

704_20130414170912.jpg
駅から20分以上歩き、鹿児島中央の商業中心地・天文館に到着。

706_20130414170912.jpg
このあと白熊アイスの元祖「むじゃき」で白熊アイスを食べたり、土産物屋を物色したりして―

707_20130414170912.jpg
16時前、路面電車で鹿児島中央駅に戻りました。

(続く)

自宅→博多→西唐津→唐津(vol.1)→伊万里(vol.2)→蔵宿→肥前長野(vol.3)→駒鳴→西相知→厳木(vol.4)→永尾→肥前七浦→唐津(vol.5)/→佐賀→鳥栖→熊本(vol.6)→三角→網田(vol.7)→赤瀬→八代→白石(vol.8)→白石→海路→八代(vol.9)/八代→真幸(vol.10)→真幸→大畑(vol.11)→大隅横川→鹿児島中央(vol.12) 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

関連記事
スポンサーサイト
2013/04/14 Sun. 19:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/567-75da8b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)