06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ぐるり九州 駅巡りの旅 vol.21 

6日目-1(3/22) 【日田彦山線駅巡り 彦山駅】
1170_20130510230029.jpg
長期連載となっている今回の旅行記も、残すはいよいよ二日。6日目は鳥栖駅がスタート地点。
冷え込みが強く、春とは思えぬ朝でした。

1172.jpg
現駅舎は明治44年に建造された古いものですが、開業当時からのものではなく2代目。九州鉄道時代に建てられたものだそうです。

1171_20130510230028.jpg
柱などのちょっとしたところにも、気の利いたアクセントが見られます。時間があればもっとゆっくり細部を観察したい、良い駅舎でした。

鳥栖5:59→久留米6:06
1173.jpg
そんな鳥栖駅を後にし、本日最初の目的である日田彦山線の始発駅・夜明を目指して移動。

久留米6:36→夜明7:30
1174.jpg
学生や通勤客で比較的混雑する久大本線に1時間ほど揺られ…

1179_20130510231317.jpg
降りたのは夜明駅。何と言っても「夜明」という名前が美しい駅ですが、実際この名前に惹かれて降りる方も少なくないのだとか。。駅ノートにも「名前につられて降りた」などの書き込みが見受けられました。

1176_20130510230027.jpg
川が近いためか、このあたりは霧に包まれていました。肌寒さは相変わらず。

1181_20130510231317.jpg
駅舎。2010年までは古い木造駅舎が残っていたようですが、現在は御覧の通り。しかし居住性は良く、デザインもどことなくレトロな感じで、なかなか好感が持てます。

1183_20130510231317.jpg
駅のすぐ前には国道を挟んで筑後川。

夜明7:47→彦山8:19

1187_20130510231316.jpg
さて。ここからは本日午前のメイン、日田彦山線の旅へと参りましょう。

1192_20130510232637.jpg
閑散とした車内から長閑な景色を眺める…。そんなローカル線旅の醍醐味を味わいつつ、列車に揺られること30分ほど。

1201_20130510232636.jpg
下車したのは彦山駅。英彦山神宮を模した赤い屋根が特徴的な駅舎は1942年、駅開業当時からのものです。良い駅舎だなあ、と完全に一目ぼれ。

1210_20130510232636.jpg
でもこの彦山駅、その威容にもかかわらず…

1212.jpg
完全な無人駅なのです。

1207_20130510232635.jpg
駅が広い分、無人の寂しさが際立ちます。特にこの時は利用者も皆無で、一種の不気味さすら覚えるほど。

1208.jpg
でもそんな彦山駅でも思わぬ出会いが。私がこうして写真を撮っていると、田原総一郎似のおじさんに声をかけられ、どこからきてどんな旅行をしているのかということを聞かれました。調査のため、週に一回彦山に登っていらっしゃるというそのおじさん。とてもダンディーで素敵な方でした。

1206_20130510233606.jpg
駅前には食堂やタクシーの営業所などが並んでいますが、雀の涙ほどの利用者しかいない駅前にあって、果たして営業は成り立っているのか…と邪推。

1221_20130510233605.jpg
というわけで、駅の規模に比してその閑散ぶりが際立っていた彦山駅ですが、駅舎は一見の価値があります。
しかし無人駅でこれだけの規模の駅舎を維持するのは容易ではないでしょうから、訪問は早めになさるのが良いかもしれません。

(続く)

自宅→博多→西唐津→唐津(vol.1)→伊万里(vol.2)→蔵宿→肥前長野(vol.3)→駒鳴→西相知→厳木(vol.4)→永尾→肥前七浦→唐津(vol.5)/→佐賀→鳥栖→熊本(vol.6)→三角→網田(vol.7)→赤瀬→八代→白石(vol.8)→白石→海路→八代(vol.9)/八代→真幸(vol.10)→真幸→大畑(vol.11)→大隅横川→鹿児島中央(vol.12)→枕崎→鹿児島中央(vol.13)/鹿児島中央→川内→小林(vol.14)→えびの→都城→南宮崎(vol.15)→宮崎空港→志布志→延岡(vol.16)/延岡→佐伯→浅海井→熊崎(vol.17)→下ノ江→上臼杵→西大分(vol.18)→大分→中判田→豊後中村→引治(vol.19)→恵良→久留米→鳥栖(vol.20)/鳥栖→夜明→彦山(vol.21)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
関連記事
スポンサーサイト
2013/05/10 Fri. 23:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/576-f808940e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)