04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ぐるり九州 駅巡りの旅 vol.26 

7日目-2(3/23) 【駅巡り 石原町・採銅所駅】

1402_20130529205304.jpg
最終日、日田彦山線の旅。途中下車したのは石原町駅。
小倉鉄道時代の大正4年に建てられた駅舎が健在です。

1389_20130529205303.jpg

1381_20130529205303.jpg
そんな当駅で特筆すべきはこの天井部分。なかなか小洒落た装飾が施されていて、駅の規模は段違いながら、どことなく門司港駅に通じるものがあるようにも思えました。

1387.jpg
ホームの様子。背後に見える山容はカルスト台地の平尾台。
かつてはこの石原町にも貨物の専用線があり、大量の石灰石が運び出されていたそうです。

1380_20130529210655.jpg
駅前風景。この日石原町発のウォーキングイベントがあったようで、駅前にはテントが並べられ、朝から賑わっていました。

1392_20130529210654.jpg
そんな賑やかな駅に居続けるのも気がひけたので、駅周辺をぶらり散策。

1396.jpg
特に面白いものは見つけられませんでしたが、やはり見知らぬ街を歩くのは楽しいものです。

石原町9:47→採銅所9:57
1407_20130529210653.jpg
その後再び田川後藤寺方面に戻り…

1422_20130529210653.jpg
続いてやってきたのは採銅所駅。

1408_20130529210653.jpg
ここも大正4年、石原町と同じく小倉鉄道時代に造られた当時の駅舎が残っています。

1410_20130529210810.jpg
老朽化のため取り壊されそうになったものの、熱心な保存運動の末、結局2011年に改修されたという採銅所駅。
先程訪れた石原町駅とは開業年が同じということもあり、造形が酷似しているのがお分かり頂けると思います。

1415_20130529210810.jpg
しかし、原形を留めているという点ではこの採銅所駅に軍配。
例えば右側の三角の部分。石原町駅の画像と見比べて頂ければ一目瞭然ですが、採銅所駅舎には当時の意匠が色濃く残っています。一方で屋根は瓦葺…という、和洋折衷がこの駅の特徴でしょうか。

1414_20130529210810.jpg
駅前風景。家も少なくて静かな場所にありますが、桜に誘われたのでしょうか、駅を訪れる人が絶えませんでした。
駅舎内にも人がいたので、遠慮して写真すら撮らず…。

1426_20130529210809.jpg
しばらくして田川後藤寺方面の列車が入線。桜はもう一息!というところでした。

1431_20130529210809.jpg
私が乗るのは反対方面の列車。いよいよ次回、旅も大団円を迎えます。

(続く)

自宅→博多→西唐津→唐津(vol.1)→伊万里(vol.2)→蔵宿→肥前長野(vol.3)→駒鳴→西相知→厳木(vol.4)→永尾→肥前七浦→唐津(vol.5)/→佐賀→鳥栖→熊本(vol.6)→三角→網田(vol.7)→赤瀬→八代→白石(vol.8)→白石→海路→八代(vol.9)/八代→真幸(vol.10)→真幸→大畑(vol.11)→大隅横川→鹿児島中央(vol.12)→枕崎→鹿児島中央(vol.13)/鹿児島中央→川内→小林(vol.14)→えびの→都城→南宮崎(vol.15)→宮崎空港→志布志→延岡(vol.16)/延岡→佐伯→浅海井→熊崎(vol.17)→下ノ江→上臼杵→西大分(vol.18)→大分→中判田→豊後中村→引治(vol.19)→恵良→久留米→鳥栖(vol.20)/鳥栖→夜明→彦山(vol.21)→大行司→宝珠山(vol.22)→田川後藤寺→船尾→田川後藤寺(vol.23)→宇美→西戸崎→博多南→博多(vol.24)/博多→原田→桂川→田川後藤寺→石原町(vol.25)→採銅所(vol.26)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
関連記事
スポンサーサイト
2013/05/29 Wed. 21:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/582-ea785379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)