06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

小さいけど本格派 

先日も少し記事に書きましたが、年末にミラーレスカメラを買いました。

今更感ありありですが、機種はcanonの「EOS M」。後継機が出ているとはいえ、標準レンズとのキットが2万円台ですから、一眼レフとしては破格。巷ではAFが酷評されてますが、動体を被写体にしないなら問題ないですし、その携帯性、何より2万円台という価格は購入のインセンティブに十分すぎるものでした。

001_20150130224651cb1.jpg
で、使ってみた感じ、ベタな感想ながら「軽い!」「キレイ!」(笑
まぁ軽いのは当たり前で、むしろそれがこのカメラの取り柄でもあるのですが、やはり今までに比べるとそのコンパクトさは驚きに値します。
メインの40D+CANON 17-40mm F4L USMで1,245g。対し、今回購入したEOS M+キットレンズはたったの472g!手に持ってもコンデジのような感じで、カバンにもスッと入れられるのはありがたいところ。これまでは明確に使う意思があるときしか一眼を持ち歩いていませんでしたが、このカメラならいつでも持ち歩けて、撮りたいときにサッと撮れるので、機動力の向上には大きく貢献してくれそうです。

そしてその画質のキレイなこと!40Dが1010万画素、一方EOS Mは1800万画素。これまで、40Dの画素数に何ら不満はなかったのですが、なんだかんだ画素数が多い方が綺麗で良い…笑
IMG_0012.jpg
2万円台のカメラが生み出す画とは思えないほど、ほんと良く撮れるんです。
正直、私程度の技量では7Dを使ってもミラーレスを使っても出てくる画は同じようなものでしょうし、画質に関しては十分過ぎます。

IMG_0414.jpg
若干トリミングはしていますが、背景のボケ方といい、シャープさといい、なかなかのもの。
これだけ撮れるなら、Lレンズは必要ないかも…と思ってしまうほど。

IMG_0441.jpg
色合いも自然です。

IMG_0023.jpg
夜景もそこそこ対応できます。というか、高感度域だと40D以上にシャープかと思います。
もっとも40Dは発売から8年も経つので、今のカメラに比べるのは酷ですが…。

IMG_0401.jpg
こんなジオラマ風に撮れるモードなんかもあって、なかなか楽しい。。

IMG_0392.jpg
他に「トイカメラ風」や「魚眼風」モードなんかもあり、タッチパネル操作ともども「イマドキ」なカメラですが、アイディア次第で色々な使い方ができそうなのは嬉しいもの。

褒めまくった後に若干ダメ出しをすると、やはりAFは遅く、ファームアップしたとはいえ動体を撮るには不向きです。また、常時タッチパネル操作のためバッテリーの持ちが悪いのは気になるところ。あとこれはミラーレスのコンパクトさと相反することなので仕方ないですが、「撮ってる感」が薄いのがちょっと物足りないかも…なんて。(苦笑

とはいえ、そのコスパは圧倒的で、なにより、気軽に持ち運べるという機動力は大きな魅力。動体を撮るなら40Dでいいですし、バッテリーについてはサードパーティーの安いバッテリーを何本か持っておけば無問題。今後、評価の高い11-22mmのレンズも欲しいなーと思ってる次第で、今後は40Dよりもこちらを持ち出す機会が増えていきそうな予感です。
関連記事
スポンサーサイト
2015/02/01 Sun. 20:24 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/608-d78345bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)