04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

視野を広げる 

やはり平日はパソコンをいじる時間がなく、結局前回の更新から1週間空いてしまいました。すみません。
そんな中、前回に引き続き今日もカメラ関連の話題です。

002_201502082246559ce.jpg
なかなか思うようにあちこち出かけられないので、ストレス発散に?こんなものを買いました。
念願でもあった広角レンズ。今回買ったのは昨年発売された新鋭、CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMです。

当初はEOS M専用の11-22mmを買う予定でいましたが、どうせならやはり一眼レフと共用できるものを…ということでEF-Sレンズにした次第。ミラーレス用の11-22mmの評判がいいだけに、購入に際しては結構悩んだのですが、従来の広角レンズに比べ手ごろな価格設定だったのが決め手になりました。

006_201502082246561b0.jpg
マウントアダプターを介してミラーレスに装着。レンズ以上にカメラ本体が小さいため、見た目はややアンバランスですが、レンズ自体は結構軽量なため、手に持つとさほど違和感はありません。

IMG_0549.jpg
先述の通り、広角にしてはかなり廉価なレンズなのですが、写りは悪くありません。
周縁部が流れてしまったり、滲んでしまったり、というのは広角の宿命みたいなものなので仕方ない部分がありますが、周辺減光も思ったよりなく、少し絞ればシャープな写りをしてくれるので、実用上は十分かと思います。

IMG_0567.jpg
ワイド端、10mmの画像。フルサイズだと16mmに相当する画角になります。
拡大すると周辺部分が若干気になりますが、それもまた広角レンズの味というもの。

IMG_0570.jpg
テレ端、18mm。標準レンズのワイド端と同画角になります

IMG_0587.jpg
手ぶれ補正も4段分搭載されており、夜景撮影もとりあえず可能。
これまで40DだとISO800でも結構ノイズが気になりましたが、EOSMではISO1600くらいまで普通に使えるのがうれしいところです。

てな感じで、なかなかイイ感じのこの広角レンズ。1日持ち歩いただけですが、すっかりお気に入りとなりました。笑
上を見ればキリがないと思いますが、その廉価さゆえ、気軽に超広角の世界に踏み出せるというのはこのレンズの大きな魅力。北海道の開けた風景なんかをこのレンズで撮ってみたいなあ、なんて今から夢見ています 笑

そして次回はカメラ本体の話題…。ついに40D、引退です。。
関連記事
スポンサーサイト
2015/02/09 Mon. 23:07 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/609-038b3997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)