03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

季節は夏へ 

時に思い出したかのように、ふとblogを書きたくなります。
今日がその日でした。
誰も見てないかもしれません。まして、数ヶ月に一度の更新では、本来の「日記」の趣旨にも到底そぐわないかもしれません。でも、そのふとした瞬間にふと思ったことを認めておくだけでも、blogの存在意義はあるんだろう…なんて思います。記事の中身に意味はないですが、何となく書きたくなったのです。

気づけば季節は梅雨。今までは「梅雨」という単語を聞くだけで、条件反射的に気持ちまで湿っぽくなっていましたが、今やつかの間の週末に、雨の気配を感じながら紫陽花を綺麗だな、と思えるようになったことに自分の成長(老化)を感じます。大学の頃まで、紫陽花を綺麗だなとあまり思うこともなかったのですが、不思議なことです。日々無機質で無感動なオフィスで大半の時間を過ごすだけに、何気ない季節の移り変わりとか、自然の美しさが、これまで以上に鮮やかに感じられるようになったのでしょうか。嬉しいやら、悲しいやら。。今、かつてのような旅に出たら、目に映る景色の新鮮さに気を失ってしまうかもしれません…笑

最近は仕事の悩みが増え、梅雨の湿っぽさと同じく、心も湿っぽい日々。新任課長の元、試行錯誤しながら、でも同期と支えあいながら、何とかやっています。ボーナスも出ましたが、使い道といえば美味しいものを食べるのと、ちょっとした週末の旅行くらいで、あとは仕事用の靴とかシャツを買って、残りは貯金。我ながら、なんともつまらない人生を歩んでいます。でも、毎月のサラリーはあまり貯金ができてないので、一体何に使っているのか、毎月狐につままれた気分になります。(結局は家賃が高いのですが。)

そんな中結婚を決めまして、忙しい日々に追われつつも、そちらの準備などもしているところです。ここ数年はまともに一人旅なんてしていませんでしたが、この先はますます一人旅なんて夢のまた夢になっていくのでしょう。会社の諸先輩方の話を聞くにつれ、世の中のお父さんの不遇さに、胸が痛くなる今日この頃。果たして、5年後、10年後には自分もそんな愚痴を後輩に垂れるようになってるのだろうか…なんて今から考えるのはやめておきましょう。とにかく、そんな事情もあって、何かと世話しない毎日を過ごしています。

20160621230310292.jpeg
最近は生きてるのか死んでるのか分からないほど更新されないこのblogですが、恥ずかしながら、仕事で疲れた時は未だに旅行記を読み返し、一時現実逃避しています。大袈裟ですが、私にとってはある意味心の拠り所になってるのです。そう考えると、つくづくあの時旅をしていてよかったなあ、と思いますし、今後も幾度となくそう思うんだと思います。あんな適当で、いい加減で、目を覆いたくなる旅行記でも、思っていた以上に今の自分を支えてくれています。

思ったことを思った順番で書いたら、案の定支離滅裂になってしまいましたが、推敲する気力もないので今日はこれで。。また気が赴いたらふらっと何か書きます。

関連記事
スポンサーサイト
2016/06/21 Tue. 23:15 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/645-ba6912c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)