09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

年始に思う 

新年を迎えました。
前回記事を書いてからまた三ヶ月も空いてしまい、「今年もよろしくお願いします」などとは言えないくらいの更新頻度となってしまっていますが…恐縮ながら、今年もよろしくお願いします。

昨年を振り返ってみると、仕事の忙しさ、そして結婚を決めたことによる生活スタイルの変化で、ますます旅どころではなくなり、それがそのままblogの更新頻度にも繋がってしまっていました。blogのモチベーション低下に伴って、本blogの完全閉鎖を幾度となく考えたことも事実。どんなことでも、やめるのは簡単ですからね。

それでもまだ「旅をしたい」という気持ちが消えてはいないということもあって、今年も細々と続けていこうと思っています。それに、たまに自分のblogを見たときに、一番上に広告が表示されるのがやっぱりもの悲しいので。(苦笑
今後も気軽に旅ができる状況ではないと思いますので、日常の話題が中心にはなるかと思いますが、少なくとも昨年よりは更新できるように、まったりやっていけたらと思います。そして続ける以上は、何かの間違えでも本blogを見ていただいた人に、何かしらの価値を提供できるようにできるように…。まあモチベーション向上のためには、まずは新しいパソコンを買うところからかな…。


それはそうと、前回記事を書いてから今日までの間に、また北海道絡みの寂しいニュースがネットで話題になっていました。もちろん12月4日の留萌本線一部廃止も寂しいのですが、個人的に目に留まったのは日高本線の不通区間(鵡川〜様似)復旧断念の報。正式に廃止が決定したわけではないようですが、まあ今のJR北海道の状況から見るに、9割9分確定的でしょう。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000052-rps-bus_all)

日高本線。様似までは一度だけ乗り通したことがありますが、それはそれは素晴らしい路線で、馬と昆布干し、そして断崖絶壁の脇を海を望んで走る車窓は、他の路線ではまず見ることのできない唯一無二のものでした。私が乗ったのは冬だったため、冠雪した日高山脈も非常に印象的で、襟裳岬の強風とともに強く記憶に残っています。
幸いにも一度乗ることができたのでその点後悔はありませんが、逆に乗ったことがあるからこそ廃止の痛みも大きく、今回の報道にはショックを受けています。もちろん、「復旧に80億円以上」なんて報道が出た時点で復旧が厳しいことはわかっていたのですが、そうは言っても…。何より、すでに不通区間になっているため、廃止が決まっても乗ることができないのが余計辛いところです。車窓に海と馬を一緒に望める路線なんて他にないのだから…。

一方で只見線が復旧の方向であるなど、暗い話題ばかりでもありませんが、今後も続くであろう路線廃止の流れを前に少しでも後悔しないような行動ができれば、というのが今年の目標。当分は簡単に旅に出れない、でも旅がしたいというジレンマとの向き合い方が課題にはなりますが。

…という感じで今日も趣旨がよく分からない記事になってしまいましたが、今日のように何か書きたくなった時のアウトプットの場としてこのblogを活用していきたいと思います。お付き合いいただける物好きな方、また宜しくお願い致します。
015_20170103104146bb0.jpg
関連記事
スポンサーサイト
2017/01/01 Sun. 23:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/648-a552af9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。