06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『冬の大井川鐵道』 その3 

1日目-3 【地名駅】
駿河徳山11:01→地名11:21
091_201701152327123b5.jpg
駿河徳山を後にし、先ほど車で移動した区間を少し戻ります。

097_20170115232714d9d.jpg

100_20170115232715974.jpg
途中の塩郷駅。駅舎のない無人駅ながら、ホーム眼下を大井川が流れるロケーションは魅力的。暖かい時期ならば真っ先に下車していたと思うのですが、あいにく小雪のちらつくこの日、寒さゆえ下車する気にはなれず…。

101_2017011622155390e.jpg
そして地名で下車。「じな」と読む、ちょっとしたフェイント駅名。

106_20170115232718b1a.jpg

110_20170116221554b44.jpg
開業は1930年。先ほどの駿河徳山駅より一年早く、開業からわずか数ヶ月の間だけ当駅が大井川鐵道の終点だったこともあるようです。

118_201701152330018ed.jpg

133_201701162215578d9.jpg
そんな地名駅のちょっとした名物になっているのが、この「日本一短いトンネル?」。でもなぜこんなに自信なさげなのか…気になって調べてみました。
結論から言うと、どうやら「トンネル」の定義は本来山をくりぬいて作られたものを指すようで、つまりここは正式にはトンネルではない、というのがその理由のようです。ちなみに、日本で今一番短いトンネルは呉線の「川尻トンネル」で8.7m。今は無き、吾妻線旧線にあった樽沢トンネルが7.2m。地名のものはそれよりも短い7mで、このトンネル?がいかに短いかが分かります。

131_2017011523315046c.jpg
元々、このトンネルの上をロープウェイが通っていたようですが、そのロープウェイが無くなった今、トンネルだけが所在無げに佇んでいます。

123_201701152331457f5.jpg

114_201701152329599c7.jpg
無人駅ですが、駅向かいの商店で切符の販売等を行なっているようです。

107_20170115232958e97.jpg
その証拠に、商店にはこんな案内表記も。

119_20170115233002e92.jpg

130_201701152331486aa.jpg
駅裏手に広がる茶畑。
この辺りは本当にどこにでも茶畑がありますね。

125_2017011523314791f.jpg

120_201701162215566ee.jpg

138_20170115233153196.jpg
やがて吹雪になってきました。
大丈夫か…これ。。

<続く>

(全てCANON EOSM+CANON EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM/CANON EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMにて 2017年1月14日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/01/21 Sat. 23:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/657-a660a221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)