03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

『冬の大井川鐵道』 その4 

1日目-4 【千頭駅へ】
地名11:47→千頭12:19
139_201701161648083c6.jpg
雪風共に強くなってきたところで列車が到着。これに乗って終点、千頭を目指します。

150_201701161648120fe.jpg
乗ったのは東急電鉄に出自を持ち、その後青森の十和田観光電鉄を経て、今は静岡の地で第三の人生を歩む7200系。先ほど乗車した南海の車両に比べると近代的にも見えますが、それは南海の車両が尋常ではなく古いだけで、この7200系も1967年の登場から半世紀の車歴を誇ります。

142_2017011616481143b.jpg
元はバリバリの通勤電車だっただけに、車内はロングシート…。

141_20170116164809b0b.jpg
まあロングシートでも、空いていれば身をよじって車窓を楽しむことはできます。幸い雪も弱まってきました。

151_20170116222432c51.jpg
やがて、車窓はいよいよ山間の様相を増していき…

152_20170116222433ec4.jpg
大井川本線の終着、千頭に到着。

154_20170116164944058.jpg

153_201701161649433b3.jpg
ブルーシートに包まれた「トーマス号」と思われる物体。今年度の運転は既に終了していますが、話の種に動いてるところを見てみたかったですね。

155_201701161649465ac.jpg

157_201701161649477cb.jpg

158_20170116164949a4a.jpg
千頭駅は寸又峡や、接岨峡温泉などへの観光拠点として、駅前も土産物屋が並ぶなど賑わいを見せています。さすがに今の時期は観光客も少ないですが、新緑や紅葉の時期はこの広い駅舎も賑わうのでしょう。

002_20170116222655555.jpg
そして、やはり大井川鐵道に来たからにはSLは外せない!ということで次の14:53千頭発、かわね路号を予約。とはいえまだまだ時間はあるので、その間にもう一駅行きましょう。

<続く>

(全てCANON EOSM+CANON EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM/CANON EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMにて 2017年1月14日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/01/25 Wed. 23:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/658-3a576b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)