07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『冬の大井川鐵道』 その11 

2日目-3(1/15) 【田野口駅】
新金谷7:54→田野口8:46
507_20170116231039353.jpg
大井川鐵道の旅、2日目。新金谷駅から、普通列車で千頭方面へ。
相変わらず閑散とした車内に多少の寂しさを感じます。

515_20170116231042361.jpg
大井川鐵道には全部で19駅あり、今回立ち寄ることができなかった駅は4つ。そのうちの一つがこの福用駅。
右奥に見える赤い屋根の建物が駅舎ですが、大井川鐵道と姉妹関係にあるスイスのブリンツ・ロ-トホルン鉄道のブリンツ駅を模して建てられたという洋風建築。何もかもがレトロな大井川鐵道にこんな駅があるというのが、なかなか面白いです。

516_20170116231044e0d.jpg
そのお隣、大和田駅も未訪問。「おおわだ」ではなく「おわだ」ですが、初見では読めませんね…。
辺りには桜の木が多数植えられていて、是非春に訪れたい駅。

519_201701162310457f1.jpg
途中家山では、元南海電車同士が交換。

523_20170116231047461.jpg
抜里駅付近。

526_20170116231228fec.jpg
車窓には、相変わらず風光明媚な大井川。しかしそんな大井川ですが、上流に作られたダムの影響から大幅に水量が減ってしまったそうで、以前は無水区間も生じるほど、水量減少が問題になったのだとか。
1980年台後半にはその名も「水返せ運動」という地元住民の熱心な働きかけがあり、最近でこそ水量も回復しているようですが、やたらと広い河原を見るにつけ、まだ全てが解決したわけではないことを感じさせられます。川は、そしてその水は誰のものか。川とどう付き合うべきなのか。電力会社だけでなくJR東海も絡む根深い問題のようで、考えさせられることが多いです。つい昨日も、こんな記事が出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000003-at_s-l22

528_2017011623122984b.jpg
列車に揺られること約1時間、田野口で下車。

553_20170116231233ba1.jpg

546_20170116231230158.jpg
ここも素晴らしい木造駅舎です。

547_201701162312320e0.jpg
何より、周囲の静けさが嬉しい。笑

548_201701162313539d1.jpg

537_201701162313482bc.jpg

539_20170116231349d83.jpg

540_201701162313507fd.jpg

541_201701162313525fd.jpg

554_201701162313553e9.jpg
ここも最近綺麗に手直しされたらしく、こんなものが。
青部然り、下泉然り、大井川鐵道の木造駅舎はどこも大切にされているのが印象的でした。殆どが無人駅ですが、無人の感じがしないのは、そうした地元の方の温かみが駅舎を通して伝わってくるからでしょうか。

558_201701162314489a6.jpg
でもなぜか窓枠は緑のまま。惜しい。。

551_2017011623144696f.jpg
元々は側線もあったようで、幅の広い電柱が残ります。

562_20170116231449d09.jpg

535_20170116231529535.jpg
架線補修用?の梯子。

567_20170116231451677.jpg
ここまで大井川鐵道の駅舎をいくつも見てきたわけですが、駅自体の雰囲気だけでなく周辺の静けさも相まって、この田野口が一番居心地のいい駅だったと思います。

569_201701162314523d0.jpg
さて、大井川鐵道の旅もあと僅か。最後に温泉に浸かってから帰ることにしましょうか。

<続く>

(全てCANON EOSM+CANON EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM/CANON EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMにて 2017年1月15日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/02/09 Thu. 21:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/665-c03e0cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。