06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

西湘・御殿場駅巡り その5(最終回) 

148_2017012322342321d.jpg
函南駅から少し東京方面へ進み、次に降りたのは真鶴駅。下車するのは今回が初めて。

130_20170123223416872.jpg
ホームから見た駅舎の様子。
屋根には鶴?平等院の鳳凰のようにも見えますが。

133_201701232234174d7.jpg

134_2017012322341840a.jpg
1922年開業。翌年に関東大震災があったため、開業当時からのものかはわかりませんが、瓦葺きの古い木造駅舎が残ります。

141_201701232234204a8.jpg
駅舎内のスペースが狭いため、駅舎の隣にも吹きさらしの待合スペースがあります。いくら温暖な西湘とはいえ、冬は寒いだろうに…。

143_20170123223421379.jpg
ほっこりした気分になれる貼紙。

149_20170123223513ca9.jpg
10分ほどの滞在で次の駅へ。

151_20170123223515e8e.jpg
今回最後に訪れたのは根府川駅。
何度も訪れてはいるものの、やはり衝動的に降りてしまう。

162_20170123223605d59.jpg
いつの間にか雨が降った?…いくつも水たまりが。

152_20170123223516f7a.jpg
以前はこの跨線橋のくたびれ具合もこの駅の魅力だったのですが、綺麗に塗り替えられていました。

153_2017012322351830f.jpg
中も綺麗に。

156_20170123223519926.jpg
でも駅舎は変わりなく一安心。
駅は真鶴駅などと同じく1922年開業。しかし開業翌年、関東大震災によって、停車中の列車が海に転落するという悲劇に見舞われることとなります。駅舎は翌1924年に改築されたようですが、転落した列車はまだ海の中…。

159_20170123223521aef.jpg
最近は聖地巡礼のスポットにもなっているそうですが、聖地だとか関係なく、純粋に魅力的な駅だと思います。
知名度が上がれば上がるほど、この駅の魅力でもある静けさが失われることになるだけに、あまりに有名になりすぎるのも複雑な思い。

163_20170123223607f15.jpg
残念ながら夕日を見ることは叶いませんでしたが、久々の根府川駅、相変わらず琴線に触れる良い駅でした。
これにて今回の駅巡りは終了。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(終わり)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105 F3.5-5.6 IS STMにて 2017年1月23日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/02/19 Sun. 21:12 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/674-502e1c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)