07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

秩父鉄道駅巡り その4 

【大野原駅】
樋口10:43→大野原11:08
122_20170205173758496.jpg
樋口から再び三峰口行きに乗り込み、先へ。
観光客はやはり野上と長瀞でほとんどが降りてしまい、長瀞から先はご覧の有様。

319_201702051741461b5.jpg
和銅黒谷〜大野原で車窓右手に見える、秩父太平洋セメントの本社。
なかなかの巨大施設で、側線に多数留置された貨車と共に、沿線の見所?の一つと言えるかもしれません。

125_20170205173759948.jpg

127_20170205173801c66.jpg
次に下車したのは大野原駅。屋根は木造ではないものの、好ましいくたびれ具合。

128_20170205173802c0b.jpg
かつては秩父太平洋セメントの工場へと続く線路が伸びていて、当駅で入れ替え作業が行われていたそう。
どことなく漂うこの寂れた雰囲気は、そんな過去の賑わいがあったからこそかもしれません。

132_20170205173804384.jpg
駅舎。手前はトイレです。

133_20170205173805fd7.jpg
駅前はのどかな風景が広がり、車通りも多くないため静かな環境。

134_20170205173950844.jpg
ただ近くに高校があるようで、停められた自転車を見るとそれなりに利用者がいそうです。

138_20170205173951bec.jpg

141_20170205173953dcc.jpg

146_20170205173956ef7.jpg
なぜカメラに収めたのか、自分に問いたい。

130_20170226200359a2a.jpg

143_20170205173954e07.jpg
駅舎はコンクリート製で味気ないものですが、どちらかと言えばこのホームの雰囲気が妙に印象に残った大野原駅でした。

(続く)

(CANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF50mm f/1.8 Ⅱ にて 2017年2月4日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/02/26 Sun. 19:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/680-0c3fd770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。