02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

秩父鉄道駅巡り その12 

【長瀞駅、上長瀞駅】
405_20170206231844084.jpg
ダラダラと続けていた秩父鉄道駅巡りもフィナーレが近づいてきました。
次に下車したのは長瀞駅。

404_20170206231842e35.jpg
1911年開業。駅舎は後年建てられたもののようで、ネットでは1914年ないし1923年の竣工との情報がヒットします。リニューアルはされているものの、古くてモダンな雰囲気が素敵です。

395_20170211014357802.jpg
駅舎内。電灯がまた良い雰囲気。

397_201702062318413fc.jpg
一大観光地だけあって、駅員さんも多数いらっしゃいます。
ちょうど列車が到着したタイミングだったため、皆さん慌ただしそう…。これまでののんびりした駅の雰囲気とは全然違います。

406_20170206231845516.jpg
都心の駅に劣らぬ最新式のデジタル案内板も設置され、古い駅舎とのギャップがまた一興。

407_20170206231847c1c.jpg
こんなオフシーズンの夕暮れ時にもかかわらず賑わう駅前に、観光地としての面目躍如を垣間見ます。

408_20170206231848adf.jpg
踏切からホームを望む。

409_2017020623185080a.jpg
踏切の先には、川へと続く土産屋街。

413_20170206232056328.jpg
そこを抜けると、そこにはよく写真で目にする「長瀞」のイメージそのままの風景が。まさか駅からこんなに近いとは…。
両サイドの石畳だけでなく、流れを感じさせないほど静かな川面がなかなか印象的な景色でした。

長瀞駅→上長瀞駅(徒歩)
その後、隣の上長瀞駅へブラブラ歩いてみることにします。

418_20170206232057f77.jpg
駅前は観光地として賑わいを見せていましたが、少し駅から離れたところには、こんな寂しい光景も…。

419_20170206232059bc9.jpg
あえて最短ルートではなく、よくわからない路地を歩くこと20分弱…。

427_20170206232100b92.jpg
上長瀞駅に到着。

436_201702110144002c0.jpg
ここもまた立派な駅舎が残っています。

433_20170206232102e7b.jpg

435_201702110143582af.jpg

438_201702110144020e8.jpg
カメラを構えているとちょうど子供達がフレームインしてきたのでそのまま撮影。
後ろには彼らの母親もいて、失礼ながらカルガモの親子みたいで可愛かったです。笑

440_20170206232108330.jpg

441_20170206232109010.jpg

444_20170206232235adb.jpg

451_20170206232240697.jpg
このホームの雰囲気もなかなか。

448_20170206232241fb6.jpg
暫くして貨物列車が通過。結構本数があるようで、この日少なくとも5回ほど見かけました。

452_201702062322419fc.jpg
やってきた列車でまた次の駅へ。今回の駅巡りも残すところあと二駅です。

(続く)

(CANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STMにて 2017年2月4日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/03/12 Sun. 20:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/688-6ce125cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)