10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

総武本線の木造駅舎 ~干潟駅~ 

正直ネタ切れ…なので、はるか4か月前に千葉の駅巡りをしてきたときの写真でお茶を濁すことにします…。

001_20170212133120ef7.jpg

002_201702121349098d5.jpg

003_20170212134910be4.jpg

006_20170212133123559.jpg

008_201702121331245d6.jpg

014_20170212133127933.jpg

015_201702121331286f0.jpg

020_20170212133130a30.jpg

022_20170212133131d8c.jpg

024_20170212133133aee.jpg

010_201702121331254d6.jpg

027_20170212133135198.jpg

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105 F3.5-5.6 IS STMにて 2017年2月11日撮影)

一駅目…の前に、成東駅で20分以上停車時間があったので、駅舎を見に改札外へ。
大きな木造駅舎が残る駅ですが、工事中でした…。

その後降りたのは、干潟駅。1898年に開業した古い歴史を持つ駅で、オーソドックスな木造駅舎が国鉄時代の風情を今に伝えています。改札口のところに置かれたsuicaの簡易端末が何とも不釣り合いですが、東京に近いところににこれだけの木造駅舎が残っているのだから、千葉とてなかなか侮れません。
しかし、次に訪れた駅がケタ外れに素晴らしくて…正直干潟駅の印象は霞んでしまっています…。
関連記事
スポンサーサイト
2017/06/20 Tue. 23:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/691-ba48342c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。