06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

飯田線「秘境駅」巡りの旅 その3 

10/7(日) 2日目-2 【為栗駅】

中井侍11:25→為栗11:42
153_20121011220530.jpg
次に降りたのは為栗駅。「してぐり」と読む、難読な駅です。

158_20121011220529.jpg
駅のすぐ脇には天竜川が滔々と流れていて…

155_20121011220529.jpg
こんな眺めが広がっています。この辺りは川幅も広く、流れも穏やか。

204_20121011221404.jpg

156_20121011220529.jpg
駅前には細い道路が一本あるだけで、その道は吊橋へと伸びています。
周辺には民家などはほとんどなく、見た限りでは山側に一軒住宅があるのみ。人気は一切ありません。

176_20121011222115.jpg
吊橋を渡ってみます。
揺れる吊橋…。落ちないとわかっていても、何となく落ち着かないですね…。

164_20121011220528.jpg
吊橋からの眺め。中央には飯田線の鉄橋が見えます。

165_20121011220528.jpg
反対側。

168_20121011222116.jpg
吊橋から望んだ為栗駅全景。

173_20121011222116.jpg
吊橋を渡った先には木々に覆われた一本の道路があり、ここを10分ほど歩いていくと県道1号にぶつかります。
吊橋手前までは車も進入できるため、車での到達は比較的簡単かもしれません。
また、県道1号を越えたところにはキャンプ場などもあるようで、その案内看板が駅前にも掲示されています。

184_20121011222115.jpg
ちょうど「伊那路」の時間になったので、吊橋の真ん中から一枚。
ここは是非紅葉の時に訪れたいポイントですね。

194_20121011222114.jpg
駅に戻り、後はひたすら列車の時間を待つだけ。既に12時を回っていたので、昼食用に買っておいた菓子パンを食べることにしました。
待合室の裏に座り、川を眺めながらの食事。誰にも邪魔されない、自分だけの空間。目の前に広がる絵画のような景色。最高の時間でした。
*****************

為栗13:17→小和田13:40
212_20121012000009.jpg
やがて、次に乗る豊橋行きがやってきました。
次は秘境駅の代表格、小和田に向かいます。

<為栗駅>
秘境度(周辺の民家の数など)       ★★★★☆
到達困難度(車やバイクで訪れられるか否か)★★☆☆☆
周辺の景色                ★★★★★
トータルの雰囲気             ★★★★★
実は今回の旅で一番印象的だったのがこの為栗駅。周辺は非常に静かで、駅目の前に流れる大河を眺めながら過ごす時間は至福の一言でした。紅葉シーズンはもっと景色が良いでしょうが、近年はツアー客なども訪れるようになっているそうなので、秘境感を味わうならばその時期をずらした方がいいのかもしれません。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
2012/10/12 Fri. 23:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/700-0ba6ca4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)