04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

北海道駅巡りの旅 その7 

1日目-7(3/23) 【石狩沼田駅】
北秩父別18:23→石狩沼田18:27
263_20170408221739d1c.jpg
北海道旅初日、最終回。
北秩父別から深川方面の列車は既にないため、一旦留萌方面に戻り、石狩沼田駅で下車。

264_201704021626237f7.jpg
現在は駅舎側のホームしか使われていませんが、右側にはかつて使用されていたホームがまだ残っています。

265_201704021626257a0.jpg
現在使われていないホームにて、雪に埋もれた駅名標。

269_2017040216262915e.jpg
かつては札沼線も分岐していた石狩沼田駅。コンクリ造りの比較的大きな駅舎は1972年の改築とのこと。

268_20170408222307cb2.jpg
駅前に見える街の灯り。
留萌本線の中では比較的利用者の多い駅ですが、当駅のある沼田町の人口は3000人を少し超える程度で、やはり人口は減少の一途を辿っているようです。

271_20170408221740029.jpg
留萌本線の厳しい状況は、窓口に貼られたこんな貼り紙にも…。

272_20170402162632412.jpg
ストーブが焚かれた駅舎内は暖かくホッとしましたが、こうしたストーブのランニングコストだって、積み重なれば大きな費用負担なんでしょうね…。

石狩沼田18:58→深川19:14
273_2017040216263459e.jpg
石狩沼田から数人の乗客とともに深川行きの列車に乗り込み深川へ。
留萌本線の駅巡りはここで終え、あとは宿のある旭川へ向かうだけ。

深川19:36→旭川19:55 特急ライラック35号
276_2017040216263501c.jpg
深川からは特急で。四年ぶりの旭川駅。

277_20170402162637fdb.jpg
以前12月に訪れた時は氷点下10度を下回る冷え込みに北海道の厳しさを感じたものですが、この日はこの時点でも0度を超えていて、刺すような寒さは感じられず。3月とはいえまだまだ寒いものだと思っていましたが、確実に春に向かっていることを感じます。

278_20170402162638c4b.jpg
この後夕飯を買い、安さを第一に選んだホテルへ投宿。この昭和感、嫌いじゃない。笑

(続く)


(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびCANON EF50mm f/1.8 Ⅱ にて 2017年3月23日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/04/09 Sun. 18:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/720-cdfecd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)