06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

北海道駅巡りの旅 その10 

2日目-3(3/24) 【糠南駅】
405_20170407230613003.jpg
問寒別駅から歩くこと30分弱。宗谷本線随一の秘境駅、糠南へ。

385_201704072306042e6.jpg
インパクトが半端ない…。

379_2017040723060392b.jpg

377_201704060008227a0.jpg

386_20170406000829d5a.jpg

408_20170407230614d8c.jpg
周りには見渡す限り何もありません。ところどころロールが転がっているところを見ると、牧草地か何かなんでしょうかね。

384_20170406000828776.jpg
そんなロケーションに加え、このホーム上の物置、もとい待合室の存在も、この駅の魅力を高める一因。

382_20170406000826ec3.jpg
ご覧の通り、正真正銘の物置です…。

381_201704060008259e2.jpg
そんな物置の中に貼ってあった各駅の見所を記したポスター。
糠南駅の見所だけおかしい…。

394_20170407230607e1d.jpg
こちらは幌延町が作成している携帯クリーナーのポスター。
昨年、宗谷本線で当駅を含む複数の駅が廃止候補に挙がった際にも、維持費等を負担の上、駅を存続させる方針を打ち出した幌延町。町の公式ホームページには、町内の秘境駅を紹介するページもあり、町としてこれら秘境駅を観光資源として守っていこう、という並々ならぬ意志が伺えます。

392_20170406000819a09.jpg
小和田駅なんかを見ていると、秘境駅が観光地化してしまうのが良いか悪いかは悩ましいところですが…。

393_2017040723060559c.jpg
とはいえ廃止されてしまったら元も子もないわけで、この駅が生き残るためには観光地として売り出す他ないんでしょうね…。

403_201704072306113e3.jpg

401_20170407230610885.jpg

400_20170407230608bc1.jpg
もっとも、ツアー客がくるようなところでもないし、実際この時は終始一人きりの時間を堪能できたので、当駅を観光地として売り出すことに対して個人的には異論はありません。

409_20170407230601d6f.jpg
この駅がいつまでも残ってくれることを願うばかりです…。

(続く)

(全てCANON EOS 6D+CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM およびTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD およびCANON EF50mm f/1.8 Ⅱにて 2017年3月24日撮影)
関連記事
スポンサーサイト
2017/04/15 Sat. 21:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/723-2509a6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)