06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

ついに出た… 

01.jpg
(画像引用元:『デジカメWatch』)

CANONから、EOS6D MarkⅡが正式に発表されました。

私が今使っている初代6Dは2012年11月の発売。発売から4年以上が経ち、かねてから後継の登場は噂されていましたが、ここにきてついに…です。

スペック面で目に留まったのは…
 ●画素数:2020万画素から2620万画素に
 ●常用感度:最高25600から40000に
 ●画像エンジン:DIGIT5+から80Dで評判の良いDIGIC7に
 ●連写性能:4.5コマ/秒から6.5コマ/秒に

そして一番の進化は、6D最大の弱点でもあった測距点が11点(中央1点のみクロス)から、オールクロスの45点に。液晶モニタもバリアングルになり、それでいて重さはほぼ現状維持ということで、なかなか魅力的な製品に仕上がっています。現状の高感度耐性でも十分なのに、ISO40000ってどんな感じなのか…。
今まで背面液晶にしか表示できなかった電子水準器がビューファインダー内に表示できるようになった点も、地味に素晴らしい。

一方、シャッタースピードの上限が1/4000、視野率98%、シングルスロット、といった点は変更なし。この辺りは、上位機種でもある5Dとの差別化の意味があるのでしょう。まあ仕方ない。

実際今使ってるカメラには何も不満はないし、すぐに買い替えるつもりはないんですが、MarkⅡの価格がこなれてきて、初代がそれなりの金額で売れるのであれば、あるいは…なんて。ボディが10万円台半ばくらいまで落ちてくれればいいんですが…ずいぶん先ですかね。。

いずれにしても、8月の実機発売が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
2017/06/29 Thu. 22:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/754-80533fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)