10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

The seaside of Shonan

変わりゆく風景の「今」を残したい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

久々の家族旅行 

先週末、家族で旅行に行ってきたので、その時の画像を載せておきます。
行き先はアメリカ南東部、ジョージア州のあたり。
天候に恵まれ、非常に楽しい旅行でした。

初日はサバンナと呼ばれる観光地へ。
町並みと、庭園の美しさで知られる場所です。

この日は特に暖かく、最高気温は25度近くまで上がりました。
025_20110225065239.jpg
両側に停めてある車が邪魔ですが、これは両サイドにパーキングがあるため。
違法駐車じゃないようです。

028_20110225070216.jpg
街中には至るところにこのような公園があります。
緑豊かな街です。

042.jpg
川沿いの通りは異国情緒溢れる雰囲気。

047_20110225065237.jpg
暮れなずむ川を望みます。
この後川沿いの店で夕食を食べ、ホテルへと戻りました。



翌日は昼前にサバンナを出て、隣のサウスカロライナ州チャールストンを訪れました。
063_20110225065237.jpg
これはサバンナの様子。
美しいレンガ造りの建物が目を引きます。

チャールストン到着後、遅めの昼食をとり、海のほうへ行きます。
081.jpg
本当なら画像真ん中に見える島に行く予定でしたが、この日の船の運航は終了。
残念ながら、しばらく海を眺めた後ホテルへと向かいました。
ちなみにこの島、南北戦争のきっかけともなった「サムター要塞」。
今ではすっかり観光地化しています。

084.jpg
ホテルへ向かう途中の住宅街。
特に一部の地域は別荘地・リゾート地として名高いようです。

097.jpg
ホテルは海の近くということで、到着後浜辺に出てみました。
ちょうど日暮れ時。
海に沈む夕日ではないですが、美しい景色でした。



3日目。
早朝の浜辺に出て、日の出を拝みます。

130.jpg
137.jpg
142.jpg
149.jpg
173.jpg
刻々と色を変える美しいグラデーションと共に、日が昇ってきました。
息を飲む光景でした。
こうやって海で日の出を見たのは初めてかもしれません。

朝食後、ホテルを後にして帰路につきます。
その途中、プランテーションと呼ばれるかつての大庭園に立ち寄り、散策しました。
191.jpg
広い敷地はかつての栄華を今に伝えるもの。
ただ、その影で奴隷の存在も忘れてはいけません。
敷地内には、奴隷小屋も点在しています。
特にアメリカ南東部は奴隷と深いかかわりを持つ地域なのです。

200.jpg
209.jpg
218.jpg
とはいえ、庭園の散策は充分楽しめました。
ちなみに、枝から垂れ下がっている物体は南東部に多く見られる植物です。
大気中の塵を養分として生育するという、面白い性質を持ちます。
でも、見た目はちょっと不気味ですね・・。

この後3時間ほどのドライブの末家に到着。
以上、2泊3日の小旅行でした。
関連記事
スポンサーサイト
2011/02/25 Fri. 07:26 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://shonan1990.blog57.fc2.com/tb.php/94-567ae5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。